名札を掛けている男性

社員証のデザイン

ソファと応接室

企業によって、社員証のデザインは大きく違ってきます。これは、他の企業と区別を図るためです。また、それだけでなく、デザインによって、社員証の価値を高めるというのもあります。

この記事の続きを読む

年賀状の印刷

椅子の多い会議室

年賀状は、印刷会社に頼むだけでなく、自分が撮った写真を使いたい場合には写真屋、手軽にすませたい場合は自分で印刷することがあります。そして、近年では、印刷の依頼をネット上で行えるようにもなっています。

この記事の続きを読む

マグネットシートに印刷

名刺を差し出す手

印刷は、年賀状やチラシ等紙を使うものだけではありません。近頃、マグネットシートにデザインを印刷出来るところが出てきています。マグネットシートに印刷するのは、普通の印刷とは料金や方法が違ってきます。

この記事の続きを読む

痛車とは

案内するスーツ姿の女性

よく、痛車という単語を耳にしたり、実際にそれを目にしたことがある方は沢山います。どうして痛車というのか、その起源などはいつか、また、どのくらいの費用が掛かるのかを見てみましょう。

この記事の続きを読む

社員証のあれこれ

おしゃれな事務所

何とか証、と呼ぶに相応しい製品があります。社員証等です。一口に社員証といっても、種類は様々です。大手でセキュリティが厳しい企業や工場等では、ICタイプの社員証が使用されています。短期アルバイト等では、ネックストラップタイプの社員証が使用されています。それら、何とか証の作成は非常にシンプルです。まず、カードの下地を選択します。デザインや、テンプレート等です。勿論、どの様なタイプの作成を望むかを、この段階で伝達します。また、自身のデザインを起用した制作が、可能な場合もあります。データを持ち込む場合もありますし、店のスタッフが具現化して作成する事もあります。大抵の場合、2・3日で完成します。出来上がる前に、予算や数量、デザイン等の確認を怠らない事が最も重要です。

社員には、社員証が必要です。社員同士が見分ける分にも役立ちますが、社外の者と社員を識別する役割が大きいです。国際化が進み、海外の市場が参入している企業では他国や自国の社員が入り雑じります。大きなプロジェクトや、重大な任務のなされる場所であればある程、です。人々が入り雑じる職場に於いて、社員と社外の人間との識別を、社員証に任せる事は、一つの仕事を任せるのと同様の意味をもちます。デザインや、自社の個性を際立たせる事は、社員の意識向上にも繋がりますし、自尊心を高めます。社員が誇りをもって働ける場作りの一環、そして、セキュリティの手間を省略させる意味でも、愛着ある社員証の制作は、非常に有意義です。社員と社員証との関係は、とても親密です。